黒執事考察ブログ

黒執事は「腐女子向けの作品」ではない・・!それはあまりにも勿体ない!枢先生の「嘘という名の伏線」に騙されないように頑張ってる人が管理人。葬儀屋(アンダーテイカー)についての考察を載せたいがためにはじめたネタバレ有りの考察ブログです

【考察】女王と死神派遣協会の関係性

こんにちは、餅月です。
今日は女王と死神派遣協会の関係性について考察してい期待と思います(#^^#)

前回の記事で12月14日という日に様々なことが起こっていることについて考察しました。
その年表に、ある一つの出来事を加え入れると、女王と死神派遣協会の関係性の可能性を見出すことが出来るようになります。

12月14日に起こった出来事

  • 1861/12/14ヴィクトリア女王の夫アルバート死亡享年42歳(病死)(史実)
  • 1862頃馬蹄としてジョン・ブラウンと出会う(史実)
  • 1876/12/14双子誕生
  • 1885/12/14ファントムファイヴ家襲撃/ヴィンセント死亡享年34歳/双子10歳

ジョンブラウンとの出逢い

上記の年表の中で最も注目すべき点こそが女王とジョンブラウンが出逢った年代についてです。
歴史的史実に基づくと、彼と女王の出会いはアルバート公が亡くなった次の年である1862年頃であることが分かります。

以前から当ブログで言及していますが、女王は死神の審査を免れた人間である可能性があります。
もしジョン・ブラウンが本当に死神であった場合、アルバート公の死によってその公務を果たせなくなった女王をサポートするために派遣された可能性があります。

実際黒執事の作品の中でジョン・ブラウンはアルバート公人形を使い女王を慰めている描写が多々見受けられます。

女王と死神派遣協会の関係性

女王が死神派遣協会によって「世界に有益である」という理由から審査を免れた人間であり、また女王が最愛の夫アルバート公を亡くした際に実際にジョンブラウンが死神としてサポート役として表れていたとしたら、女王は当然人外の存在を知っていることになります。
更にもしこの考察が正しかったと仮定すると、複数の点から女王とファントムハイヴ家襲撃事件を結びつけることが可能になります。

ファントムハイヴ家襲撃事件と女王の疑惑

襲撃事件に人外が関わっていることは確実

ファントムハイヴ家襲撃事件に人外が関わっていることはまず間違いありません。
理由は、こちらのコマを見ると分かります。

f:id:mochimochimoon:20171117183144j:plain
黒執事第134話「その執事、嘆傷」より
この時、タナカと坊ちゃんの間の廊下には当然誰もいなく、また坊ちゃんの後ろにも誰もいません。
f:id:mochimochimoon:20171117183537j:plain
黒執事第134話「その執事、嘆傷」より
しかし次の瞬間には突然坊ちゃんの後ろに謎の人物が現れ、坊ちゃんの目と口をふさいでしまいます。
このコマで坊ちゃんを後ろから目隠しした犯人は一体どこから現れたのでしょうか?
この坊っちゃんを捕まえた犯人は、人外であると考えて恐らくほぼ間違いがありません。

つまりファントムハイヴ家襲撃事件には人外の力も大きく働いていたことになります。

黒執事の中の「人外」

黒執事の原作の中ですと今のところ登場している人外は死神と悪魔のみです。
アニメ版では天使も出てきていますが、原作の中で天使の存在をにおわす描写は今のところ見受けられません。
そのため今の時点で予想ではなく考察として考えられる人外が死神か悪魔化の二択となります。(天使を想定することも可能ですが、現段階では原作における天使の登場は根拠のない予想となってしまうため今は省きます。)

もし女王がファントムハイヴ家襲撃事件の黒幕であった場合、人外の協力者として死神の力を借りたことは比較的容易に結びつかせることが出来ます。
その場合恐らくこの坊ちゃんを後ろからとらえた犯人はジョン・ブラウンである可能性が高い気がしています。
少し話はそれますが、坊ちゃんとセバスチャンが契約したサバト会場にいた謎のフードの男もジョンブラウンであったと考えれば辻褄は合います。(女王に経過を報告するために見ていた可能性)

まとめ

女王と死神派遣協会。私はこの二つには大変大きな関係性があるのではと予想しています。
またファントムハイヴ家襲撃事件も女王からファントムハイヴ家への「番犬としてのテスト」だったとすれば辻褄があいます。まだまだ原作の中では女王にフォーカスは当たっていません。
しかし真シエルが生き返った今、真シエルの悪事(襲撃事件に何らかの形で加担していたこと)が暴かれるのを切り口に、徐々に物語がファントムハイヴ家襲撃事件の犯人→女王に方向性が向いていくのではないかと考えています。

葬儀屋の今後

またこれは私の個人的予想ですが、女王が黒幕と確定する前に、葬儀屋は死亡する可能性が高いと感じています。
これにつきましてはまた改めて後日考察をあげさせていただきますね。

葬儀屋は、恐らく今回の青の教団編ではまだ死なないです。
ですが恐らく次の重大な章が始まった時、そのラストで真シエルとともに命を落とすのではと予想しています。(イースターのように小さな小話を挟む可能性があるため一概には言えませんが、恐らくあと2章以内くらいには死ぬと思います・・・。)


葬儀屋はラスボスではなくあくまで中ボスです。(多分。信じています)
今は坊っちゃんと敵対関係のようになってしまっていますが、最後はやはり本当は味方だった、もっというなれば肉親であったことが明らかになり、命を落とすのではと私は考えています。
そして最後の肉親と真シエルを改めて失い、坊ちゃんは本当の黒執事におけるラスボスである女王に向かっていくのではないか・・・。こう予想しています。

『黒執事』の今後

最近よく「そろそろ黒執事は終わってしまうのか?」という声が聞こえますが、私はNOだと思っています。
おそらく葬儀屋が死ぬまでにあと1~2年(10~20話)。その後女王というラスボスに向かう最終章で数年はかかるのではと考えています。

葬儀屋が死ぬことで、より強力な力が坊ちゃんの復讐すべき相手であることが明らかになります。
それこそが女王と死神派遣協会。

確証を持てるものではありませんが、私はこう予想しています。

餅月