黒執事考察ブログ

黒執事は「腐女子向けの作品」ではない・・!それはあまりにも勿体ない!枢先生の「嘘という名の伏線」に騙されないように頑張ってる人が管理人。葬儀屋(アンダーテイカー)についての考察を載せたいがためにはじめたネタバレ有りの考察ブログです

虹執事にも伏線が?「じいや」と「タナカ」呼びについて。

 こんにちは、餅月です。
 
いやーーーー騙された…!!
見事に騙されていました…!
以前ブログで「真犯人坊ちゃん説」を主張しましたが、これが間違っている可能性が高くなってまいりました
見事に坊ちゃんに騙されていた可能性が…
 
 
理由としては以前言及した坊ちゃんの「タナカ」「じいや」呼びのシーンです。★このシーンの考察が誤っていた可能性があります。
改めて考察して見ます
 
 
タナカが刺された時のこの回想の記憶。

以前ブログにて、赤線で引いたように襲撃から生還した坊ちゃんはタナカのことを「じいや」と呼んでいることから、ここで「タナカ!」と呼んでいる人物は坊ちゃんではなく真シエルの目線なのではと以前考察しました。

しかし、こちらの考察は誤っている可能性が高いです。理由としては、8月号にて真シエルがタナカを「じいや」と呼んだことが理由として挙げられます。★お茶シエ


このことから、元々は坊ちゃんが「タナカ」、真シエルが「じいや」と呼んでいた可能性があります。そして坊ちゃんがシエルに成り代わる際、田中を騙すために自分が今まで呼んでいた「タナカ」呼びからシエルが呼んでいた「じいや」に呼び方を変えたのではないでしょうか。

ぁぁあ…私も騙されました…
★爺やも見ていないんだな
 
 
と…なると襲撃犯から逃げ回っていた記憶は坊ちゃんのもので、
坊ちゃんは真犯人ではない…!
 
ちなみにフォロワー様から教えて頂いたのですが、「虹執事2」にもこーんな伏線が…
 
ヴィンセント 「昔の話はよしてくれ、じいや」
 
そして密室殺人事件編にて
 
シエル「相変わらず厳しいな、じいや」
 
ヴィンセントは「坊ちゃん」から「伯爵」となり、田中の呼び方は「じいや」から「タナカ」になったと…
 
ヴィンセントと坊ちゃんも、幼い頃はタナカのことをじいやと呼んでいたようです。
 
 少し脱線しました。
話を戻して見ましょう。
 
疑問として残るのは、何故タナカは
坊ちゃんが「シエル」ではなく坊ちゃんであることに気がついたのか?という点です。
 
 

タナカは何故シエルが坊ちゃんであることに気がついたのか

 
あくまで妄想の域ですが、
あの時自分を刺した相手、目の前にいた相手が真シエルだとしたら
「犯人を見ていないのか」と言った坊ちゃんのセリフは矛盾となります。
つまりタナカは「犯人がシエルであるということを今目の前にいるシエルが知らないことから、このシエルはシエルになりすました坊ちゃんである」
という結論に至り、坊ちゃんがシエルではないことに気づいた可能性があります。
そして「あまりにも酷すぎるその事実」に、タナカはあえて犯人を見ていないと嘘をついた…。ありえそうです。
ただそうなると疑問になるのは真シエルの動機です。長男であったシエルが家族全員を殺す動機…
そして坊ちゃんがあそこまで「シエル」を名乗ったことを怯える理由………
この辺がまだまださっぱりわかりません
 
そして追い討ちをかけるかのようにまたわからなくなるタナカさんの刺される直前の「シエル様は…」という言葉
あの時シエルはどうなっていたのか?
真実は何が「あなた様(坊ちゃん)には酷すぎ」たのか…!?!
そして何故タナカさんは今またシエル側についたのか…!?
 
 
当時のイギリスでは厳格な長子相続制であったそうです。
まさかその一点のみで、タナカさんとリジーは真シエル側についてしまったのでしょうか…!?だとしたら悲しすぎます…!★ウィキ
でもこれ以外に何か理由があるとすれば、それはすなわち坊ちゃんに何かしらの非を疑ってしまうことになり…あぁぁ
まだまだ混乱中ですが、取り急ぎ覚え書きメモとして
黒執事…その深さを改めて見せつけられました
本当にすごいです。
 
早く続きを…!!!!!
 
 
 
餅月