黒執事考察ブログ

黒執事は「腐女子向けの作品」ではない・・!それはあまりにも勿体ない!枢先生の「嘘という名の伏線」に騙されないように頑張ってる人が管理人。葬儀屋(アンダーテイカー)についての考察を載せたいがためにはじめたネタバレ有りの考察ブログです

【考察】女王は死神の審査を免れた人間である可能性【海外考察再掲】

女王と葬儀屋の関係性について

※本記事は、海外考察を和訳したものの再まとめ記事となります。


「葬儀屋とクローディアによって隠蔽された、死神とファントムハイヴ家との血縁関係性」について。単刀直入にいうと、女王はクローディアと死神(葬儀屋)の秘密裏の結婚を知っていた可能性があります。
彼女はファントムハイブ家と「死神」という、血縁上の超自然的な力の存在に警戒心を覚えました。

彼女がその情報をどのように得たのか分からないが、女王は多くのことを知っており、彼女の側にも本当に人間かどうか怪しい(ジョン・ブラウン)がいます。
可能性はおおいにあります


アンダーテイカ―は、一度原作内で女王のことが好きではないと言いました。たぶんそれはこれらの問題を紐解く上での大きな手掛かりです。

50年前の出来事についての理論

f:id:mochimochimoon:20170806020152j:plain
黒執事13巻第60話「その実字、動揺」より

これらの問題を解決するために、まずは彼が派遣をやめて逃亡した時について考えます。現在の黒執事のタイムラインは1889年なので、アンダーテイカ―の言う「50年前」は1839年前後(+/-)を意味しています。
その時期に何が起こったのか。1837年6月にヴィクトリアは女王になりました(少なくとも実際の歴史上では)。その後、1837年12月10日、Mally G.が死亡します。これは彼が所有している最古の哀悼のロケットの人物名です。


アンダーテイカ―と彼のロケットの人々との関係はわかりませんが、彼らはアンダーテイカーと深く関わっていた可能性が非常に高いです。アンダーテイカーがロケットを彼の "宝"と呼んでいることから、所属する人々は彼にとって重要でなければならないからです。また、アンダーテイカーが女王様を好まないことはすでに原作で公にされています。
アンダーテイカ―が女王を好んでいない事は事実です。以上のことから、「過去に起こったと思われること」があります

女王はロケットに乗っている人の死亡する原因となった可能性があります。少なくとも、アンダーテイカーはそう信じています。
ロケットの人物の一人でもあるClaudia Phantomhiveも若い頃に死にました。彼女はおそらくヴィンセントの前に女王の番犬だったので、それが原因で死んでしまった可能性が高いです。

他の人たちも、アンダーテイカー自身のように女王の番犬のネットワークに参加していたのかもしれません。アンダーテイカ―は彼らを友人として考えていたかもしれませんが、その友人はすべて女王のための仕事の間に、あるいは女王の命令によって死にました。

これを踏まえた上で、さらに女王のことを葬儀屋が「気に入らない」という理由を考えていきます。

我々は人間が死神から「価値がある」とみなされる可能性があることを知っています。

人は死神の審査をクリアする可能性がある

死にゆく者が死神によって「世界に有益」と判断された場合、その人は死のリストから除外され、生き続けるでしょう。
ウィリアムが「これに当てはまる人がほとんどいない」と言っても、やな先生がこの抜け穴を作ったことには理由があるはずです。

ヴィクトリア女王がこれらの稀有な人の一人であり、価値があると判断されていたとしたらどうでしょうか?

歴史上実在のヴィクトリア女王に関する興味深い小さな事実があります。
1830年以降、彼女はイングランドとウェールズの周りを何度も訪れるようになりました。一定のストレスと安らぎの結果、彼女は1835年に重度の熱で病気になりました。

このタイミングで死神派遣協会が女王に接触し、その結果「彼女は価値がある」と判断され、彼女は生き残った可能性があります。
彼女がイングランドを長らく支配したことを考えると彼女は確かにその後社会に大きな影響を及ぼし、インパクトを与えました。
そして現在、マンガの状況ではヴィクトリアが重要な役割を果たすかもしれない戦争につながる可能性があります。多分それが彼女が「世界に有益」と評価された理由です。

死神リストから除外されている人は、死神にとって重要なキーパーソンです。常に死神の目の届く中で誤って死なないように管理しなくてはいけません。

だから、死神派遣協会はこの特別な人を守るために死神の誰かにこの仕事を委任する可能性があります。今、それはヴィクトリアの場合には誰ができますか?

私たちはジョン・ブラウンの目を見たことがなく、彼は超自然的な能力を持っているように見えます。ドイツに早く、森の毒ガスの影響を受けずに旅することができます。
彼は彼女が「世界に有益」である限り、女王を守ることが職業であることができます。

しかし今、アンダーテイカ―がこれについてどのように感じなければならないか想像してください。彼の友人の死に責任があると思う人は、彼の仲間の死神によって価値があると判断された人です。私は彼がまだ1835年に死神として働いていたと思います。

この時に起こった事実として今は2つの可能性が考えられます。

一つ目はアンダーテイカー自身が1835年にヴィクトリアの価値を判断した死神であった可能性です。そしてその2年後、彼女は女王となりすぐにアンダーテイターの個人的な友人であったマリーGの死を担当しました。罪悪感に襲われたアンダーテイカーは、ヴィクトリアを生かそうとした判断を後悔したので、彼は死神として働かなくなったのです。

第二に、他の誰かが彼女は価値があると判断したという可能性があります。アンダーテイカーはその決定に反対したが、他の死神の心を変えることはできませんでした。その後、Mally G.が死亡した時、彼は女王を守りたいと思っていた他の死神の中で生きていけなくなり、彼は死神派遣協会を捨て去ったのです。他の死神が誰かは知りませんが、オセロは人間の世界で最後の時が約50年前であったことを暗示している可能性があります。

オセロも、アンダーテイカーと同様にヴィクトリア女王のために誰かが死亡したと聞いた後で、死神派遣協会の彼女に対する決定を後悔したのかもしれません。あるいは彼はアンダーテイカ―の怒りを恐れていたので、彼は職業を変えてRetrieval DivisionではなくForensic Divisionで働き始めだとも考えられます。

しかしその結果、アンダーテイカーが死神派遣協会を捨ててからも死神派遣協会は女王の活動を観察し彼女のために何か悪いことが起きるのを防ぐことができました。
これを通じ、オセロは女王を生き返らせとるという「間違い」を補うように試みているのかもしれません。

彼は今後Phantomhivesと接触して番犬としてのネットワークに参加することで、そこから今後新たな情報が出てくる可能性があります。

この考察は一概に正しいとは言えませんが、以上の出来事から過去のこのようなことが起こった可能性があると推測できます。


餅月