黒執事考察ブログ

葬儀屋(アンダーテイカー)についての考察を載せたいがためにはじめたブログです。『黒執事』に隠された「嘘」と「伏線」に、貴方も騙されていませんか?※本誌内容に言及します※

【緊急!】葬儀屋(アンダーテイカー)ファン覚悟!月刊Gファンタジー2024年7月号美麗すぎる葬儀屋表紙が解禁!!!寄宿学校編アンダーテイカー+青の教団編アンダーテイカー

こんにちは!餅月です!
今日は緊急でブログを書いています!

と言いますのも事の発端は
今朝の朝5時くらい。
寝ぼけながらベッドの中でスマホをいじってた所とんでもないものが目に飛び込んできました。

それは今月号の
月刊Gファンタジー2024年7月号表紙!!!!何と我らが推し葬儀屋(アンダーテイカー)表紙!!
しかも単体!!!
公式からの告知はまだですが、通販サイトの方で一足先に書影が解禁されていました。

マジで一瞬でこうなりました。

兵藤和尊:『賭博黙示録カイジ』13巻より引用

※実際はこんな笑える余裕はとてもなかった

いやータイミング的にファミマ黒執事コラボの方は若干予想していましたが、
おかげでこっちの可能性をマジですっかり忘れていました!完全に油断しきっていた所の不意打ち!!

※黒執事ファミマコラボについてはこちらの記事でまとめています!↓
www.under-taker.com

まだXのアニメ黒執事公式アカウントがポストしてない為、それまでXの方では画像の引用は控える形&ある程度ネタバレに配慮してポストしていたのですが、一通り叫んでもとても足りない!!!
困った!
となった今朝。

公式からの突然の供給過多に殺されるヲタクを表現した進撃の巨人のOPを使った完全身内用MAD動画を作ってみても
収まらない!!どうしよう!

Gファンタジーの表紙だし、
Gファン考察記事内で感想を述べる形でもいいかな~と思っていましたが既に現時点でこれだけ喋ってもまだ足りないのなら恐らくこのトピックだけで余裕で1万字超えてしまう(※ヲタクによる早口の表紙感想だけで永遠に考察が始まらない記事が爆誕の可能性)を感じたため、諦めて今回この表紙の感想のみに絞った個別記事を書くことにしました。

先に言及しておきますが
今回の記事は考察記事というよりマジでうるさいだけの大歓喜しているヲタクの感想記事です!!そこだけご了承下さい。

っっしゃああーーーー!
それじゃあ逝くぞーーー!!!!

↓よければ今回の記事は是非この動画を流しながら読んでみてください!
youtu.be

ブログランキング
いつも沢山の応援ありがとうございます!
記事への★も大変励みになります!!
よければクリック↓で引き続き応援お願いします🦴!

マジで一瞬で目が覚めた朝


月刊Gファンタジー 2024年7月号 [雑誌]


冒頭でも書きましたが
まず寝ぼけた頭で突然この書影を見た私。
一番初めに思ったのは「夢かな?」でした。
マジで本気で寝ぼけて夢の続きを見ているのかと思った。

ちなみに友達のコスプレイヤーねこまるちゃんに心配されました。


「餅殺し」はパワーワードすぎるwwwww
私の事をわかってくれすぎてて思わず爆笑しちゃいましたwwもちろん無事死亡しました。

覚悟もヘチマもない寝ぼけ状態
突然クソデカ推しの供給を受けた為、目が覚めたのと同時に起こったのは完全な思考停止。
人って本当にびっくりしたら叫ぶことも出来ずマジで固まるんですね!勉強になりました。

回らない頭の中で救われたのは
寄宿学校編で観たブルーアーパイセンのあの言葉。

「眩しすぎて目に染みる」
「すまない、言葉にならない。」

今ならその気持ちが分かる…っ“!
分かるよブルーアー…!!

次に来たのがこんな素晴らしい推しを生み出してもらえた事への圧倒的感謝でした。
こんな恍惚とした表情&ポーズの推しが観れるなんて、本当に想像もしていませんでした…!!!

黒執事は、そして葬儀屋さんはいっつも想像のはるか上を行く供給で殴ってくれます。
ありがとう枢先生、ありがとう黒執事…!!

雑誌なら沢山予約注文してもご迷惑にはならないかな。もし大丈夫そうならとりあえず電子書籍版に加え紙媒体で

・読む用
・保存用
・何かあった時用

最低3冊紙媒体で注文しようかなと思います。

これが670円…
これが670円ってバグすぎますよね…!?

頭を働かせた感想VSバカ状態の感想

理想↓

現実↓


ちなみにどのくらいアホだったかというと、
直視出来てなかったのか今回の葬儀屋さんがカメラ目線で推しと目が合うという事実に気付くのにリアル1時間かかりました。
※気になる酔狂な人は私のXの投稿時間を確認して頂けると証拠が残っています。


葬儀屋さんって、目が合う構図の絵が他のキャラに比べて少ないイメージがあります。
悪魔614巻の表紙くらい…?
それ以外は前髪でどこを見ているか分からなかったり、流し目でさりげなく別の場所に視線を向けている事が多いイメージがあります。

だからこそ推しとがっつり目が合う事に気付いた時はマジでッギャォァとなりました。
しかもこんな表情のっ…推しとッ…恐れ多くて直視できないッ…
露出ゼロなのにこの間違いないR18の色気。
意味が分かりません。一体どういうことだ。

頭を働かせた感想

今回のGファンタジー2024年7月号の表紙を見て、
自然と頭の中で
「心せよ亡霊を装いて戯れなば、汝 亡霊となるべし。」
というワードが頭をよぎりました。

この言葉は当ブログでたまに言及しているヘルシングという漫画で出てくるワードなのですが、元を辿るとどうやらカバラ戒律の中にある言葉のようです。
要は「亡霊と戯れちゃったら自分も亡霊となってしまうことを覚悟しろよ~!」って意味の様なのですが、この葬儀屋さんの表情からは正しくそんな印象を(勝手に)感じました。
bear.michikusa.jp

寄宿学校編(お茶会)+青の教団編(血液)

やはり印象に残る&気になるのは何故葬儀屋さんがこんな表情をしているのかという事。

印象的に散らされている液体は、
血液の様にも紅茶のようにも見えます。
よく見ると食器が割れて零れ落ちる角砂糖やベリーが乗ったケーキも見えます。

黒執事では坊ちゃん&セバスチャンの表紙でも
坊ちゃんの内臓を柘榴やソーセージで表現した絵が描かれるなど、時折食べ物と混ぜた死の表現がなされることがあります。
グロテスクでありながらも禍々しい程の美しさがある、黒執事らしさを象徴する形ではないでしょうか。

食べ物を使い内臓を表現された絵:Gファンタジー2020年11月号表紙

今回葬儀屋さん+血液と共に描かれた紅茶や角砂糖、ケーキは、アニメ黒執事寄宿学校編の真夜中のお茶会で登場したアイテムと一致します。

葬儀屋さんは元々紅茶が好きかつ甘党な事も理由の一つだとは思いますが、
それ以上に満を持してアニメ黒執事で校長として登場した葬儀屋さん青の追憶編まで進んだ本誌軸の葬儀屋さんと絡めて描いた意図があるのかもしれません。

寄宿学校編の時点では死者蘇生の技術と輸血の関係性はまだ明らかになっていませんでした。
その為、この絵はお茶会要素に新たに血液を加えることで、より葬儀屋さんが何をしようとしていたのかを分かりやすく描いているように感じます。

芳醇な血液(きらめき)にうっとり?

血液と言えば葬儀屋(アンダーテイカー)の死者蘇生技術に必須のもの。

特に血液の在庫量死体蘇生状態の維持と明確に比例しています。
その為私にはこの葬儀屋さんは、
より上質な蘇生を実現させるための芳醇な人間の血液(きらめき)に囲まれて思わずうっとりしてしまっている…そんな印象を受けました。やだー官能的。

死者蘇生に囚われている葬儀屋さんにも見えます。
それは正しく亡霊と戯れているような…。
その先にあるものは希望なのでしょうか、それとも破滅なのでしょうか。

今回の表紙をよく見ると、
葬儀屋さんの顔の周りには壊れた角砂糖ケースやティーカップを差し出す複数の手が左右に映り込んでいる事が分かります。
まるで亡霊に囲まれているかのようです。

この不気味な手は一体誰のものなのでしょうか。私には亡霊(ビザールドールやおほしさま)の象徴のように思えてなりません。

しかしそれに囲まれても尚恍惚としている葬儀屋さんからは、例え自分がその亡霊たちに最期絡めとられることになっても構わないとでもいうような、そんな狂気をも感じました。

新章ホテル編で登場する伏線か?

またこのタイミングで葬儀屋さんがGファンタジーの表紙を飾る事も意味深です。
勿論寄宿学校編を踏まえての意味合いも強いと思うのですが果たしてそれだけでキャラクター単品で表紙を飾るでしょうか…?

しかもGファンタジーでは今回から
黒執事はホテル編の新章に本格的に突入すると思われるいわば節目のタイミングを迎えています。

当ブログでは以前から
このホテル編で葬儀屋(アンダーテイカー)が再登場するのではないかと考察をしてきていました。

正しくこのタイミングで葬儀屋さんが表紙を飾った意味。
もしかすると、いよいよ本当にホテル編では葬儀屋さんが再登場するという事を暗喩した伏線なのかも、しれません。

ホテル編での葬儀屋再登場の可能性については下記記事で詳しく言及しています。
www.under-taker.com
www.under-taker.com

ファントムハイヴカラーの葬儀屋さん

また今回の表紙で印象的だったのは
葬儀屋さんのカラーリングでした。
葬儀屋さんと言えイメージカラーは
やはりグレーや黒、グリーン。
他には紫があてがわれたり、表紙や扉絵でもシエルと一緒に描かれる時は儚げな色が使われることも多い印象です。

そんな中今回の葬儀屋さんにあてがわれたカラーリングはまさかのブルー…!
しかもただのブルーではなくまるでファントムハイヴを印象付けるかのようなファントムブルー!!
(※これは私の造語です)

先程言及した寄宿学校編のみならず青の教団編をイメージする他、ファントムハイヴにすっかり呑まれ、溺れ、染まりきっているような葬儀屋さんを表されているように見えました。
染まりきっていると言いましたが、
もし当ブログの考察が合っていてむしろファントムハイヴの血のルーツに葬儀屋さんがいたとしたら…。葬儀屋さんもまたファントムハイヴの一員だったとしたら…。
もしかするといよいよ満を持して、葬儀屋さんがファントムハイヴとして描かれたのかも、しれません。

もしそんな意味合いが込められていたらなんて考察してみると、思わずゾクゾクしてしまいますね。

葬儀屋さんとファントムハイヴ家の関係性についての考察は下記記事にまとめています!
www.under-taker.com

諏訪部さん:全力ブーメランツイート

ちなみにGファンタジー葬儀屋さん書影が出た今日。
葬儀屋さんの声をご担当されている我らが諏訪部順一さんちょっと面白いツイートをなさっていました。
それがこちらです。

このツイートを見て、今日解禁された葬儀屋さんの恍惚笑顔を思いおこした人はきっと私だけではないはず…っ!!
ご本人様がもし本当に苦手だったとしたら大変申し訳ないのですが、このタイミングでのツイートはまるで特大ブーメランのようで正直かなり面白く感じてしまいました。
葬儀屋さんがこう言ってると思うとどうしても…っ

しかし諏訪部さん。葬儀屋さんのみならず呪術廻戦では文字通りげらげら笑いながら人を殺す呪いの王両面宿儺も演じられていらっしゃいます。
このあと絶対に酷い展開になることが予想される登場人物の笑顔がめちゃくちゃ多い作品だと感じますが、それがしんどいと仰られているのにはギャップ萌えを感じてしまいます。

複製原画にしてくれ

いつもの葬儀屋さんも勿論大好きなのですが、
美しさ+内面まで描かれた今回の表紙はもう特に特に特に刺さりまくってしまいました!

お願いします。
複製原画にして私に金を落とさせてください。

お金を払わせてくれッ…!
せめて670円以上の金を…っ!頼むッ…!
もっと大金を払わせてくれッ…!
諭吉で作品を応援させてくれ…っ!

電子書籍も含めて4冊買うくらいじゃあこの感謝の気持ちは伝えられないんです!!!



やけくそで作った身内用進撃の巨人MAD動画

最期に、冒頭で言及した表紙熱量を消化するために半ばやけくそで作った身内用進撃の巨人MAD動画について。
本当は載せたいのですが流石に引用の範囲を超えてしまう為、一部切り抜き画像の引用の形で供養させてください。

「ああ、こんな感じで死んだんだな」ってわかってもらえたら嬉しいです。

RNさん(※旦那)には「何故ベストを尽くしたのか」と言われました。
朝の忙しい時間でしたが作らずにはいられませんでした。後悔はしていません。

↓該当部分の秒数開始を合わせておきました。
暇すぎる方だけ良ければ見比べて見て下さい。
youtu.be

クソMAD一部抜粋


まとめ

現在の時刻は16時。
ここまで書いてようやく少し落ち着いてきました。

引用の文字数もありますが現時点でブログの文字カウントは20000字を越えています。
「ほら見ろ―――」と自分でセルフツッコミをしたくなります。やっぱり個別化してよかった。
あの衝撃をようやく少しだけ消化できたかなと感じます。…ふう。

いやーしかしここまでの急激な葬儀屋さんの供給過多が来る未来は予想していませんでした。
でもよくよく考えてみれば、ちょっと考えればわかる事ですよね。

校長=葬儀屋さんとわかるまではグッズ化含め一切供給は無いに等しいですが、
逆にひとたびその真実が明らかにされてしまえば怒涛の供給ラッシュが来ることくらい…っ!

何故ッ…!そんな簡単なことにさえ私は気づけなかったんだ‥っ!!

きっとそれだけ、例え葬儀屋さんが出ていなかったとしてもアニメ黒執事の毎週の供給過多で満足しすぎちゃってたんだと思います。

過去の私に告げたいです。
アニメ第9話以降、アニメだけでなく葬儀屋さんの怒涛の供給ラッシュ開始もちゃんと覚悟しとけよ!と…!!

まもなく終わるアニメ黒執事寄宿学校編。
ですが葬儀屋さん推しにとっては、むしろマジでここからが本番なのかもしれません。

時と場合によっては1年の内Gファンタジーの中で1コマくらいしか出てくる事が無いくらいの供給に慣れている筈の同じ葬儀屋ファンの皆様の事を想うと…。

改めて生き残るという事を目標に、
気を引き締めたいと思います。


ランキング応援クリック↓&記事への★タップ、凄く励みになります!
よければ引き続き応援お願いします🦴!

それではまた次の記事でお会いしましょう!

餅月