黒執事考察ブログ

黒執事は「腐女子向けの作品」ではない・・!それはあまりにも勿体ない!枢先生の「嘘という名の伏線」に騙されないように頑張ってる人が管理人。葬儀屋(アンダーテイカー)についての考察を載せたいがためにはじめたネタバレ有りの考察ブログです

【考察】黒執事Black Lebelポスターには葬儀屋の比喩隠されている/リンドウに混ざり、そっと寄り添う白百合の存在

こんにちは!餅月です!

黒執事ブラックレーベル ポップアップストアが東京にて開催決定となりました!!
www.square-enix.co.jp

f:id:mochimochimoon:20181112202710j:plain
首筋に香水を塗ろうとするセバスチャンと坊ちゃん:黒執事Black Lebel公式サイトより引用

さて今回は、
この描きおろしポスターに
考察要素があると感じたため記事に残させて頂きます。

私がこのポスターの中で注目したのは描かれた花の部分です。

リンドウと白百合

このポスターには、
花が3種類描かれています。

f:id:mochimochimoon:20181112202724j:plain
リンドウに紛れた白百合:黒執事Black Lebel公式サイトより引用

・白薔薇
・リンドウ
・白百合

※リンドウではなくフリージアの可能性があります!
フリージアについてはまた後日調べて追記させてもらいます。
今回はリンドウとしての記事を書かせて頂きました

この中で私はリンドウ(青丸)白百合(赤丸)に注目しました。

黒執事と花言葉

黒執事の中では、花が描かれる際
花言葉に重点を置かれることが非常に多いです。

黒執事と花言葉についての考察記事については下記にまとめてあります。
www.under-taker.com

今回のポップアップストアのポスターでも、
リンドウと白百合には花に意味合いが込められている可能性が非常に高いです。

追記:フリージア

フリージアの花言葉

白のフリージアの花言葉
・あどけなさ

フリージア全体の花言葉
「innocence(純潔)」「friendship(友情)」「trust(信頼)」

リンドウ

f:id:mochimochimoon:20181113014357j:plain:w300

Qwert1234 - Qwert1234's file Gentiana_scabra_var._buergeri リンドウ 福島県会津地方

リンドウと兎の物語

日光の山道を歩いていた、
修行者の役小角(エンノオヅノ・634~701年)は一匹のうさぎを見つけました。
よく見ると、
そのうさぎは雪の下からリンドウ(竜胆)を掘りだして、しきりになめています。役小角はうさぎのその行動を不思議に思い、うさぎに問いました。
するとうさぎは「私の主人が病に伏せっています。病を治すため、この草を探していたのです。」と答えて、いそいそと山の中に消えていきました。

役小角(エンノオヅノ)は、うさぎに教えられたその草の根を、うさぎと同じように雪のなかから掘り出しました。彼は、試しにその草の根を病人に飲ませてみました。するとどうやらその草には本当に優れた効果があることが分かりました。役小角(エンノオヅノ)は、ありがたい二荒神のお告げに違いない、と大層感謝しました。後に、日光ではリンドウ(竜胆)を霊草とする風習となっています。

引用源:リンドウ(竜胆)の色別花言葉!由来が怖いと噂の真相とは? | 暮らし~の[クラシーノ]

兎はもちろんビターラビットを思い起こします。

何より、
「私の主人が病に伏せっています。病を治すため、この草を探していたのです。」

この兎のセリフには、
死という病を克服しようとする真シエルを看病する葬儀屋(アンダーテイカー)に通じるものがあるなと感じました。

リンドウの花言葉

・勝利
・正義感


この言葉は言うまでもなく坊ちゃんを思い起こしますね。

古来より、リンドウ(竜胆)の根っこが漢方薬として人々に用いられてきたことから、「病気に打ち勝つ」というイメージに由来しつけられた花言葉のようです。

・あなたの悲しみに寄り添う
・寂しい愛情

リンドウは
群生はせず単独で育つ特性を持っています。

孤高な様子は坊っちゃんにも真シエルにも重ねることが出来る気がします。

またあなたの悲しみに寄り添う、寂しい愛情はセバスチャン、葬儀屋、はたまた真シエルから坊ちゃんへかーーー‥‥

そんな考察が膨らんでしまうぴったりな花言葉に感じます。

このことから、
リンドウは主に坊ちゃんとセバスチャンのことをイメージして描かれたのではないかと感じました。

白百合

興味深いのが
リンドウに混ざり下の方にひっそりと白百合が添えられていることです。

白百合はリンドウと同じく
ラッパ型の形をした大型の花です。

葬儀屋を象徴する花「白百合」

黒執事の中で、
白百合は時折葬儀屋(アンダーテイカー)を象徴するものとして描かれます。

寄宿学校編の扉絵でも、
それぞれの寮花を携え倒れているP4を、白百合を携えた葬儀屋が見下ろしている絵がありました。

ユリは匂いが強いことから、
死体の香りを消す線香のような役割でお葬式に使用されることが多い花としても有名です。

しかもまるで
白いリンドウに擬態するかのように、こっそりと寄り添う白百合にはどうしても葬儀屋の比喩を感じずにはいられませんでした(;_:)

まとめ

今回は再び花に注目して考察をさせて頂きました。

ラッパ型の花って案外見かけないですよね。

今回ポスターを見て初めて
確かにリンドウと白百合はどことなく形が似ているなと感じました。

今回リンドウが白だったのも、
練香水のイメージとの兼ね合いもあるとは思いますが

それ以外にも影のように寄り添う葬儀屋をイメージしてのチョイスだったらとても泣けるものがあるなと感じました


今回のポップアップストアでは
黒執事としては初の香水が販売されます!!

私も大阪でのポップアップストアで試供品を試させて頂きました(*'▽')

その匂いもとても素敵だったので、近いうちにまた記事にあげさせていただきます!

餅月