黒執事考察ブログ

黒執事は「腐女子向けの作品」ではない・・!それはあまりにも勿体ない!枢先生の「嘘という名の伏線」に騙されないように頑張ってる人が管理人。葬儀屋(アンダーテイカー)についての考察を載せたいがためにはじめたネタバレ有りの考察ブログです

【考察】意図的に本名が隠されているキャラクター「オセロ」と名前で呼ぶ葬儀屋と、葬儀屋を名前で呼ばないオセロ。/黒執事における「名前」の重要性


こんにちは!餅月です。
今日は黒執事における名前の重要性について考察していきたいと思います。

黒執事は
「名前(本名)」について特に重きを置いて描かれている作品です。

黒執事の中では
名前が作品において重要な意味を持つキャラクターたちはみんな本名が伏せられる傾向があります。

今回は、そんな名前についての考察を葬儀屋(アンダーテイカー)とオセロを中心に考察していきたいと思います。

葬儀屋が「名前」を呼んだ重要性

今回、本誌の中で葬儀屋がオセロのことを名前で「オセロ」と呼びました。
これは非常に重要です。

f:id:mochimochimoon:20180718051852j:plain
名前でオセロを呼ぶ葬儀屋:黒執事最新話第142話「その執事、膺懲」より引用

と言いますのも、葬儀屋は登場人物のことを誰も名前で呼んだことが無いのです。

基本葬儀屋は「伯爵」「執事君」など、いわゆる通称でしかキャラクターの名前を呼びません。

唯一の例外はディーデリヒです。

葬儀屋はただ一人、ディーデリヒだけを「ディーデリヒ君」名前で呼んだことがあります。

f:id:mochimochimoon:20180508234201j:plain
葬儀屋(アンダーテイカー)がキャラクターを名前で呼ぶ唯一のシーン:黒執事22巻第105話「その執事、尋訪」より引用

ちなみに、これについての考察は割と単純です。

ディーデリヒ
「名前で呼ぶな!俺はお前の寮弟ではない!」

f:id:mochimochimoon:20180508234149j:plain
名前で呼ばれることを嫌がるディーデリヒ:黒執事21巻第101話「その執事、遭逢」より引用
f:id:mochimochimoon:20180508234152j:plain
名前で呼ばれることを嫌がるディーデリヒ:黒執事21巻第101話「その執事、遭逢」より引用

ディーデリヒは
よくこのように発言しています。

葬儀屋はディーデリヒが名前で呼ばれることを特に嫌っていることを知っていたからこそ、敢えて嫌がらせと悪戯を込めて本名で呼んだのではないかと考えています。

詳しくはこちらの記事にまとめてあります!
www.under-taker.com

本名が意図的に隠されているキャラクター

坊ちゃん、セバスチャン、葬儀屋。

この三人は悪魔6のメンバーで読者人気投票ランキングの上位1位~3位のキャラクターですが、この三人は全員まだ本名が明らかになっていません。

つまり黒執事はキャラ人気登用ランキング上位3名全ての本名が不明な作品となります。

一番あからさまなのが坊ちゃんの扱われ方です。

今まで坊ちゃんはずっと「シエル」と呼ばれていました。
しかし、セバスチャンは「嘘」が付けないため坊ちゃんのことを「シエル」と呼ばず、ずっと「坊ちゃん」と呼び続けていました。

今回本誌で、ようやく坊ちゃんは「シエル」ではなく「シエル」の双子の弟の方だったことが明らかとなりました。

今までエリザベスは坊っちゃんのことをずっと「シエル」と呼んでいました。
しかし今回エリザベスは坊ちゃんの本名を知っているにも関わらず「彼」と呼びました。

真シエルも坊ちゃんのことを「弟」「お前」と呼ぶため、坊ちゃんの本名はなかなか明らかとされません。

本名を知っている人からさえもあまりにも本名を避けて通られる坊ちゃん‥(´;ω;`)

悲しすぎます。

何故坊ちゃんの名前がここまで隠されるのでしょうか。

それは坊ちゃんが「シエル」ではない別人だったということが、今後の黒執事に大きな影響を及ぼすからと考えると納得がいきます。

坊っちゃんの本名についての具体的考察はこちらの記事にまとめてあります。
www.under-taker.com

セバスチャン・ミカエリスの本名、悪魔としての正体考察についてはこちらにまとめてあります。
www.under-taker.com


つまり黒執事の中では
「名前(正体)」が今後黒執事に大きく影響を及ぼすキャラクターは名前が意図的に隠される傾向があります。

意図的に隠される葬儀屋の本名


そして今回葬儀屋(アンダーテイカー)の名前も隠される路線に入ってきました。

葬儀屋の名前を呼ばないオセロ

今回オセロが葬儀屋のことを「お前」と呼びました。

f:id:mochimochimoon:20180813165840j:plain
葬儀屋を「お前」と呼ぶオセロ:黒執事第142話「その執事、膺懲」より引用

以前も当ブログで考察しましたが、
オセロは葬儀屋(アンダーテイカ―)と呼ばれる以前の葬儀屋を知っていた可能性が高いです。

勿論、その時葬儀屋はオセロに本名で呼ばれていたでしょう。

つまりオセロは葬儀屋の本名を知っている可能性が非常に高いです。

特にオセロは登場人物を「○○チャン」と独特な呼び方をする為、いきなり葬儀屋を「お前」と呼びかけたのは少し違和感がありました。

※葬儀屋を「お前」と呼ぶ前、オセロは一度彼を「本命チャン」と呼びました。

ここまでして葬儀屋の本名を隠すことには何か意味があるはずです。


となると私の考察から考えると理由は一つ…。

葬儀屋の本名がばれると、
ファントムハイヴ家との関係性もばれてしまう為、あえて葬儀屋の本名は隠されている可能性があります。

つまりファントムハイヴ家の家系図の中に、既に葬儀屋の本名が記載されているから、葬儀屋の本名は現段階では隠す必要があるのではないでしょうか?


これは…!これは...!!
期待してしまってもいいのでしょうか!?

葬儀屋の本名についての具体的な考察はこちらの記事にまとめてあります!
特に葬儀屋の本名の可能性がある具体的な名前まで言及していますので、いつも以上にネタバレ注意でお願いします。

www.under-taker.com

まとめ

黒執事の中ではやはり「名前」は非常に重要な意味を持つようです。

正直、
今回オセロが葬儀屋を名前で呼ばなかったことはかなり興奮しました。

葬儀屋もいよいよ本名が明らかにならない路線に入ってきました。
これは葬儀屋シエルのおじいちゃん説あながち間違ってないのでは…

私が初めてこの可能性に気づいたとき、
まだこの名前はネットで検索しても何も出てきませんでした。

日本で初めて葬儀屋さんの本名と正体に気づけたのがもしかしてもしかしてもしかして私だったとしたら‥‥あ″あ″あ″あ″もうそれだけで死んでいいDEATH!!!

まだまだ確証のない一説ですが、ちょっとどきどきしながら楽しみに待ちたいと思います。






※以下、葬儀屋の本名かもしれない名前を叫びます











Cedlic.K.Ros!!!!!!

貴方の本名はセドリックさんなんじゃないんですか!!!!????
葬儀屋(アンダーテイカー)さん!!!

餅月