黒執事考察ブログ

黒執事は「腐女子向けの作品」ではない・・!それはあまりにも勿体ない!枢先生の「嘘という名の伏線」に騙されないように頑張ってる人が管理人。葬儀屋(アンダーテイカー)についての考察を載せたいがためにはじめたネタバレ有りの考察ブログです

【考察】ファントムハイヴ襲撃事件から一か月、葬儀屋(アンダーテイカー)は何をしていたのか?/死神派遣協会に自身のデスサイズを取りに戻っていた可能性

こんにちは!餅月です。
今日は前回の葬儀屋(アンダーテイカー)の傷についての考察の続きです。
www.under-taker.com

私は当ブログで黒執事の黒幕は
女王&死神派遣協会ではないかと考察してきました。

前回の記事では葬儀屋が真のラスボスではないことの根拠として、葬儀屋の傷は死神派遣協会によってつけられた可能性があることを指摘しました。

今回はその中で登場した疑問点「葬儀屋はいつデスサイズを奪還したのか」についてをさらに掘り進めて考察していきたいと思います。

デスサイズはいつ奪還されたのか?

葬儀屋がデスサイズを死神派遣協会から奪還した可能性として最も考えられる説はこの二つです。

・死神派遣協会離脱時
・ファントムハイブ家襲撃事件直前

この中で、私はデスサイズ奪還のタイミングはファントムハイヴ家襲撃事件直前だったのではないかと予想しています。
具体的に説明していきます。

離脱時の時の場合残る疑問

葬儀屋の傷

私ははじめ、葬儀屋は死神派遣協会離脱時にデスサイズを持ち出したと考えていました。
しかしこれには少し疑問が残ります。

それは葬儀屋の傷です。

もし葬儀屋の傷が死神派遣協会によってつけられていた場合、バラバラにされてしまった葬儀屋にデスサイズを持ち出させたのか?という疑問が残ります。

このことから、この説は葬儀屋の傷が離脱時以外の何らかの理由で死神派遣協会によってつけられていた場合のみ有効であると考えています。

ファントムハイブ家襲撃事件直前

次に葬儀屋はファントムハイブ家襲撃事件直前にデスサイズを持ち出した可能性について考察していきます。

現在、黒執事原作では葬儀屋が死神派遣協会によってバラバラにされるほど攻撃される理由が「死神派遣協会離脱」以外描かれていません。

葬儀屋はヴィンセントに「なにかあったらよろしく頼む」といわれていた

ここで重要になってくるのがヴィンセントの回想シーンです。

ヴィンセントは生前ディーデリヒに対し、
「自分に何かあった時は息子たちを頼む」と、自分の死を予想しているかのような意味深な発言をしていました。

f:id:mochimochimoon:20180617032752j:plain
ディーデリヒに意味深な発言をするヴィンセント/黒執事26巻第131話「その執事、宿老」より引用

そして同日同じ時刻ディーデリヒ同様に葬儀屋もファントムハイヴ邸に招かれていたことがすでに明らかとなっています。

ここで二人がどのような会話をしたかは、今後非常に重要な伏線となる可能性が高いです。

恐らくヴィンセントは「悪の貴族」としての自分を知る信頼できる仲間を呼び、「何かあったらよろしく頼む」とお願いしたのではないかと私は予想しています。

この日葬儀屋が呼ばれていたということは、ディーデリヒの後に葬儀屋も、ヴィンセントから同じことをお願いされていた可能性があります。

(ちなみに何故ディーデリヒの後だと予想するかというと、ヴィンセントとディーデリヒが話している最中に葬儀屋は双子と会っており、その時の反応が普段通りの明るいものであったからです。)

詳しくはこちらの記事にまとめてあります。
www.under-taker.com

ヴィンセントは頭がいいので、例えヴィンセント本人に人外との接触が無かったとしても、何かしらで人間には不可能な不思議な力が自分たちを攻撃してくる事に気づいていた可能性も十分あります。むしろその可能性はとても高いと私は思っています。

葬儀屋は人外の死神です。

もし二人の会話の中でヴィンセントが「人外」を匂わすような発言を少しでもしていた場合、勿論その力の脅威にピンと来たはずです。

葬儀屋はこの時の会話で死神派遣協会がファントムハイヴを滅ぼそうとしている事に気が付いた可能性があります。

そしてそれを受け、伯爵を守り対抗するために死神派遣協会に回収されてしまっていた自身のデスサイズ奪還を奪還することを決意したとすれば辻褄は合います。

葬儀屋はファントムハイブ家襲撃事件から一か月何をしていたか

また、この会話の後
葬儀屋がファントムハイブ家を守るために自分のデスサイズを奪還するために動き始めていたとしたらこの「空白の一か月」が説明がつきます。
葬儀屋がファントムハイブ家襲撃事件から一か月間何をしていたかは現在まだ「空白の時間」として謎に包まれています。

葬儀屋がファントムハイヴ家襲撃事件から双子奪還まで一体どこで何をしていたのでしょうか?

第140話で葬儀屋は「何者かに邪魔されていた」ことを明らかにしました。

f:id:mochimochimoon:20180628224646p:plain
双子を助けようとした葬儀屋は何者かに邪魔されていた:黒執事第140話「その執事、主張」より

サラッと言っていますが、「葬儀屋を邪魔できる人物」は今のところ黒執事には存在しません。

つまり葬儀屋を邪魔できるほどの力を持った人物もしくは組織が存在することの証拠ともなります。

恐らくこの邪魔をしてきた力こそが「死神派遣協会」であり、
葬儀屋が言った「邪魔」とは、「真シエルの遺体回収」だけでなく、「デスサイズ奪還」についても指している可能性があります。

時系列確認

葬儀屋が初めてデスサイズを原作で取り出したのは豪華客船編なので、時系列的にも矛盾は生じません。

葬儀屋はリストを持っていない

これは非常に重要な伏線である可能性があります。

・葬儀屋はヴィンセントがいつ殺されるのか日にちが分からなかった
・リストは持っていないのにデスサイズは持っている謎


葬儀屋はリストを持っていなかったため、死神派遣協会の脅威に気づいても、ヴィンセントの具体的な命日が分かりませんでした。

そのため襲撃の具体的な日にちが分からず不利だったのかもしれません。

また、デスサイズを持っているのにリストを持っていないということも少々不自然です。

リストはどうやら更新されたりもするようなので持ち出すことが物理的に不可能だったのかもしれませんが、もしファントムハイヴ家襲撃事件直前に本当に葬儀屋がデスサイズを持ち出していた場合、リストまで奪還する余裕がなく、ひとまず死神派遣協会に対抗できる武器だけでも確保したいという焦りからの苦渋の選択だったのかもしれません。

疑問点

葬儀屋のセリフ

葬儀屋
「長いこと一緒にやってきたから離れがたくてねえ、持ち出すのに苦労したよお」
黒執事13巻第61話「その執事、誕生」より

f:id:mochimochimoon:20180628224649p:plain
デスサイズ奪還時を語る葬儀屋:黒執事13巻第61話「その執事、誕生」より

このセリフを素直に読み取れば、
デスサイズと離れがたいがために葬儀屋は離脱時にデスサイズを持ち出したことが自然のように聞こえます。

ですが必ずしもそうではなく、確定的なことを言っていないことも事実です。
これは「葬儀屋の傷がどのタイミングでついたか」次第で考察として有効であるかが変わってくる箇所です。

時間軸について

ヴィンセントとディーデリヒ、葬儀屋が話した日にちが具体的にいつ頃なのかが明らかになっていません。

しかし、第131話の回想を見ると、この会話の日からファントムハイヴ家襲撃事件については約一年の月日があるようです。

第131話の回想より

ヴィンセント「何かあったらよろしく頼む」

ボート遊び

双子、ヴィンセントと共に伯爵領視察

双子、将来の夢であるおもちゃ屋について喧嘩

ハロウィン、冬、春、夏を通り越し、双子の誕生日へ

ファントムハイブ家襲撃事件発生

一か月後坊ちゃん帰還

葬儀屋がこの長い期間をどのように過ごしてきていたかは今後大きな伏線となる可能性があります。

まとめ

葬儀屋がどのタイミングでデスサイズを奪還したかはまだ確定は出来ません。
しかしこのタイミングは、私たちが思う以上に根深く伏線を張られた問題である可能性があります。

現在の私としましてはやはり襲撃事件~真シエル死亡までの一か月間、双子を喉から手が出るほど助けたかったはずの葬儀屋がどこで何をしていたかがとても引っ掛かります。

そのことからどうしても今は「ファントムハイヴ家襲撃事件の前に葬儀屋はデスサイズを奪還しに行ったのでは」と考えてしまいますが、正直まだ五分五分ともいえると感じます。

葬儀屋がデスサイズを奪還した背景も、今後注目して見守っていけたらと思います。

www.under-taker.com
www.under-taker.com


餅月