黒執事考察ブログ

黒執事は「腐女子向けの作品」ではない・・!それはあまりにも勿体ない!枢先生の「嘘という名の伏線」に騙されないように頑張ってる人が管理人。葬儀屋(アンダーテイカー)についての考察を載せたいがためにはじめたネタバレ有りの考察ブログです

【予想考察】黒執事第141話で、葬儀屋(アンダーテイカー)は何をどこまで語るのか?

こんにちは!餅月です。

そろそろ黒執事7月号の販売も近くなりましたので予想考察をしてみたいと思います

いつも通りこれは考察というよりはただの「予想」であるため、当たったらラッキー☆のお遊びとして読んでいただけると嬉しいです|:3ミ

前回の黒執事第140話では、
嬉しいことに当ブログの予想考察が的中し、ストーリーテラーが坊ちゃんから葬儀屋(アンダーテイカー)へとバトンタッチしました。
前回の黒執事の記事はこちらです
www.under-taker.com


今回の第141話は
「葬儀屋がスフィア・ミュージックホールの裏で具体的に何をしていたかを明かす回」なのではないかと予想しています。

ファントムハイヴ家との更に深い関係性については、はぐらかしてまだ答えない可能性が高いかなと感じています。←的中○

とはいえここまで来てしまうと葬儀屋(アンダーテイカー)がどこまで真実を語るのかは正直葬儀屋さんと枢先生の匙加減一つといっても過言ではありません。

なので今回は具体的な一話の内容予想というよりは葬儀屋が今後語ると思われる内容と、青の教団編の今後の展開予想をしてみたいと思います。

これらは多少話す順番が前後しても問題が無い部分です。
この中のどこかしらから葬儀屋は話し出すと予想しています(*'▽')

次号予測

まず今回葬儀屋が話すと思われる内容は大きく分けて二つあります。

  • 自分とファントムハイヴ家との関係性についての暴露
  • スフィア・ミュージックホールの黒幕として、葬儀屋が具体的にどのようなことをしていたか

このどちらから話始めるかは正直考察のしようがありません!💦

順番はわかりませんが、遅かれ早かれ将来的にどちらも話すことになると思います。

葬儀屋は一番重要な所はうまくはぐらかし教えないことが多いので、今回は「スフィア・ミュージックホールの黒幕として具体的にどのようなことをしていたか」を語るのではないかと考え、この方向性でひとまず流れを考えていきたいと思います。←的中○


ファントムハイヴ家、特にクローディアとの関係性について葬儀屋さんの口から語られたらそれはもう出血大サービスです・・・

個人的にはこのクローディアとの関係性については今は明らかにはならず、将来的に葬儀屋の走馬燈劇場で明らかになるのではと考えています・・号泣

次号の流れ予想

次号の流れ予想の小さな根拠としましては、今回の青の教団編における葬儀屋の語り口が豪華客船編と酷似していたことから、今回葬儀屋は豪華客船編と似たような段取りで話をするのではと予想しました。

豪華客船編の葬儀屋の言葉を紐解くと、なかなかうまい具合に質問をはぐらかし答えていないことに気付くことが出来ます。

今回分かりやすく豪華客会戦編と青の教団編での下りの比較まとめを作ってみたのでよろしければ合わせて読んでみて下さるとうれしいです!
中々に面白いですよ!

下記記事の目次部分から、
【豪華客船編:比較まとめ】【青の教団編(現時点の予想)】部分をクリックで直接飛べます(*^^)v
www.under-taker.com

あらすじ予想考察

・葬儀屋は真シエルを復活させた理由として、死ぬ前にヴィンセントに「何かあったら息子を頼む」と頼まれていたことを明かす(短い回想となる可能性もあるがサラッというだけの可能性も)←まだ言及なし×
考察の根拠は下記記事にまとめましたのでよろしければ読んでみてください!
www.under-taker.com


※本当はヴィンセントに頼まれただけが理由ではなく、クローディアとの関係性も関わってるが今回ここはまだ詳しく明かさない可能性が高い。(軽く匂わせる可能性はあり)←セバスによる匂わせ有り的中!○


・ヴィンセントに頼まれていたにも関わらず、葬儀屋はヴィンセントと真シエルと双子を助けることが出来なかった。

葬儀屋が具体的に誰に邪魔されて助けに行けなかったのか今回はまだ語らない可能性が高い(恐らく死神派遣協会(黒執事の将来的ラスボス)による妨害を受けた)←的中!○


・真シエルの遺体を前に、葬儀屋は大切なファントムハイヴを死者蘇生してよみがえらせようと決意。

・↑ここで「今度こそは失敗しない」等の言及があったら葬儀屋はクローディアの死者蘇生に失敗している可能性が濃厚になる。←ずっと昔から死者蘇生していたと意味深発言あり、クローディアの死者蘇生の伏線である可能性あり的中○

※この考察は「葬儀屋のデスサイズの骸骨がクローディア・ファントムハイヴ(シエルの祖母)の可能性があること」に基づいています。
詳しくはこちらの記事にまとめてあります。
www.under-taker.com
www.under-taker.com

※葬儀屋の言う「失いたくないファントムハイヴ」とはヴィンセントと双子の3人のことのみであり、双子の母であるレイチェルは含まれていない可能性が高い。

→これはクローディアと葬儀屋の関係性に深く関わる考察です。考察の根拠はこちらの記事にまとめてあります。
www.under-taker.com


・葬儀屋が死者蘇生をしようと思った本当の目的がファントムハイヴ家(真シエル)の復活であり、真シエルが葬儀屋の最高傑作であることが明らかになる←的中!○


・葬儀屋が具体的にスフィア・ミュージックホールの裏で何をしてたのかを明かす

 ・今までのビザールドールとの違い←的中!○
 ・血液と走馬燈劇場との関係性←まだ語られず。来月の可能性大
 ・血液を新たに使うことでどのような変化がビザールドールに起きたか←まだ語られず。来月の可能性大
 ・現在の真シエルの状態について説明←的中!○
 ・おそらく死者蘇生にほぼほぼ完全に成功したことを明らかにする←的中!○


「なぜそこまでファントムハイヴ家にこだわるのか」という問いの答えを聞く前に、死神派遣協会の死神グレルとオセロがファントムハイヴ家本邸に乱入する。←大的中!○

ーーざっくり第141話はここまで行けたら御の字かと予想

・・あれ、そういやブラバットいつ出てくるんだろう。
ワンチャンブラバットも出てきたりするのかな?うーん、脈絡が無いので考察できませんが可能性はゼロではないと思います。

このままだと青の教団編終わっちゃいそうだよーーーブラバット!

オマケ:その後の青の教団編予想

死神派遣協会VS葬儀屋VSセバスチャンの三つ巴となる

・葬儀屋にとって死神派遣協会は「唯一厄介に感じる連中」
・「彼ら(派遣協会)だけは例外。かぎつけられたらちょっとまずい」と真シエルを説得し、真シエルを連れて一旦葬儀屋はファントムハイヴ邸から逃げる
・青の教団編は次の話に尾を引く形で終了・・・
・なおこの間にブラバット、お星さま、アグニを殺したナイフ使いが出てくる可能性はあるが、次章に持ち越しの可能性もあり

葬儀屋が今回は明かさないであろうことまとめ

これは伏線として残るものだと予想しています。もしここまで語ってくれたとしたら出血大サービスレベルDEATH

追記:やはり今回これらは明かされませんでした。葬儀屋さん、やはりはぐらかしてきましたね。
しかしこれらは今後の非常に重要な伏線である可能性が高いです。
明らかにされないだろうという考察としては的中○と言ってもいいような気がします。

  • クローディアと葬儀屋の関係性
  • 葬儀屋にとって失いたくないファントムハイヴがクローディアの血を引くヴィンセントと双子の3人に限定されているということ
  • 葬儀屋は双子救出の際誰に邪魔されたか
  • 葬儀屋がファントムハイヴ家に拘る本当の理由→クローディアについて

あらすじ予測の根拠

今回の予想考察の根拠となる記事はなるべく箇条書き欄にはりつけさせて頂きました。
この他に「ヴィンセントが葬儀屋に対し何かあった際はよろしく頼む」といった可能性があることについても一応根拠と言いますか理由がありますので、これにつきましても本日中に記事にさせて頂きますね。
www.under-taker.com

まだ回収されていない重要な伏線

今回葬儀屋が語る内容とは別となるのですが、前回の契約シーンで結局語られることが無かった重要な伏線がいまだに残っています。
その伏線こそが下記の内容です。

契約時に、坊ちゃんの中で真シエルが「悪しき名」になった理由

このただ一つ残された「契約の間の語られていない空白の時間」ですが、
これは真シエルのキャラクター像を180度覆してしまうほどの大きな意味があると考えています。

恐らく真シエルは坊っちゃんと一緒にいたいがためにファントムハイヴ家襲撃事件に加担した可能性があります。

しかしこれについては今回の青の教団編では回収されない可能性が高いと感じています。

しかし逆に言えばこの「何故坊ちゃんの中で真シエルが悪しき名となったのか」が明らかになるまでは、真シエルの本性はまるで見えていないものと考えたほうがよさそうです。

まとめ

初めにも述べましたが、今回葬儀屋が自分とファントムハイヴとの本当の関係性について話すのか、それとも自分がスフィア・ミュージックホールで何をしていたかを話すのかは考察が難しい状態です。

しかし今までの葬儀屋さんのキャラクターを考えてみると、どうもファントムハイブと、ましてやクローディアのことを直接言うとは考えにくく・・・今回のような予想になりました。

葬儀屋さんは三年分の笑いを貰ったと言っているのでどこまで話すかは難しいところです。
ワンチャン出血大サービスでファントムハイヴ家と自身との深い関係性まで話す可能性はありますが・・・んーーー個人的にはやっぱりあまりないかな?と考えています。匂わせるくらいは有りそうな気がしますが・・・。←的中!○

何故かというと、葬儀屋がファントムハイヴ家と自身の本当の深い関係性を話してしまうと、一気に死亡フラグが立ってしまうと感じているからです。
葬儀屋が今回死ぬ可能性もゼロではありませんが、もし死ぬとしたら次章が濃厚かと考えています。

はあーーー・・・
葬儀屋さんファンとしては今月号で未だ見たことが無い葬儀屋さんが100パーセント見れるというだけでもう本当にワクワクものです←

葬儀屋さんが出てくるたびに毎回毎回死への階段を一歩一歩上がってる気がしてならなくて内心正直めちゃくちゃ怖かったりもするのですが、気のせいだと思って素直に葬儀屋さんの出番を楽しみにしたいと思います

後個人的に双子に対して「助けられなくてごめんね」という葬儀屋さんも見てみたいです←ただの妄想

さーて今回の予想は何処まで健闘できるでしょうかなあ
当たったらうれしいなあ

大外れだった場合は同人誌としてお楽しみください)^o^(




餅月