黒執事考察ブログ

黒執事は「腐女子向けの作品」ではない・・!それはあまりにも勿体ない!枢先生の「嘘という名の伏線」に騙されないように頑張ってる人が管理人。葬儀屋(アンダーテイカー)についての考察を載せたいがためにはじめたネタバレ有りの考察ブログです

【考察】黒執事:正体不明のキャラ考察まとめ

こんにちは(#^^#)餅月です。
現在の黒執事では正体が不明のキャラクターがたくさん登場しています。
第141話発売を前に、ちょっと考察の整理もかねて、当ブログでその正体を予想考察したものをまとめてみたいと思います、

いろいろな謎の人物正体考察まとめ

アグニを殺したナイフ使いの正体→ドール(orタナカorジョン・ブラウン)
サバトにいたフードの男の正体→ジョン・ブラウン
ポラリス様→タナカ
シリウス様→真シエル
ベガ様→ブルーアーの双子の妹
カノープス様→(パトリック・フェルペス←密室殺人事件編で死んだカンパニア号の造船会社ブルースターライン社の御曹司。ブルースターライン社がアウローラ学会に蘇生を頼み、金銭的援助をしていたとするとVIPとしてお星さまになっていた可能性もある、か?)

まとめ

私ははじめ、ナイフ使いとポラリス様は同一人物ではないかと思っていました。

ポラリス様の部屋

f:id:mochimochimoon:20180331093720j:plain
黒執事24巻第117話「その執事、丁々」より
ナイフ使いの残したメッセージ
f:id:mochimochimoon:20180417145016p:plain
黒執事26巻第128話「その執事、見証」より

確かにポラリス様の部屋にはたくさんのナイフ傷がありました。しかしそのシリウス様の執事を語る口調はとても穏やかで上品なものでした。
もしかするとここは「ドール」と「タナカさん」とそれぞれ別人であると考えたほうが正しいのかもしれません。その方がこんがらがらず筋が通るような気がします。

もしアグニを殺した正体がドールであったとしたら、今ファントムハイヴ邸では坊ちゃんの目の前にスネークがいます。
つまりここでドールが登場すれば、スネークに本当は坊ちゃんがサーカス団員を皆殺しにしていたという真実がバレることになるのです。
かわいそうですがこっちの方が伏線回収的にはスマートかな・・・?と感じます。坊ちゃん一体どこまで追い詰められてしまうのオオ・・・;O;

今回の一件で、隠蔽するにしてはあまりにも多くの人に坊ちゃんの嘘が暴かれるのは間違いありません。ちょっと目撃者が多すぎますよね。
一体坊っちゃんは青の教団編後どうなってしまうのでしょうか・・・伯爵としてこの屋敷に居続けることはできるのでしょうか?

これからも見守っていきたいと思います。

餅月