黒執事考察ブログ

黒執事は「腐女子向けの作品」ではない・・!それはあまりにも勿体ない!枢先生の「嘘という名の伏線」に騙されないように頑張ってる人が管理人。葬儀屋(アンダーテイカー)についての考察を載せたいがためにはじめたネタバレ有りの考察ブログです

【考察】ファントムハイヴ襲撃事件は女王からのテストだった可能性

こんにちは、餅月です。
本日はファントムハイヴ襲撃事件と女王の関係性の疑惑について考察していきます。

密室殺人事件編とファントムハイヴ襲撃事件の共通点


カレー編の中で、ファントムハイヴ襲撃事件を振り返った坊ちゃんのこのようなセリフが登場します。

坊ちゃん「先代はゲームに負けた」


そして密室殺人事件編においてこのようなセリフが登場します。

坊ちゃん
「すべては容王陛下のお望みなのですから。お恥ずかしながらちょっとしたおいたがバレてしまったようでね。バレたな何かしらお仕置きがあるとは思っていましたがまさか殺人犯にされるとは・・・。陛下もなかなかユーモアのあるお方です。今回の件は陛下が僕に番犬としての資質があるかどうかを再確認するちょっとしたゲームにすぎません。

 

f:id:mochimochimoon:20180221142720j:plain
黒執事11巻第49話「その執事、奇矯」より
 

番犬としての資質を女王が試すゲーム、それが「密室殺人事件編」

密室殺人事件編の真実を説いた坊ちゃんのセリフの中で気になる点は、「番犬としての資質があるかどうかを再確認するちょっとしたゲーム」というセリフです。このセリフを素直に受け取れば、坊ちゃんはヴィンセントから番犬としての仕事を受け継ぐ前に女王から似たような何らかのテストを受けさせられている可能性があります。
私は、そのテストこそファントムハイヴ家襲撃事件なのではないかと考えました。
連続殺人事件編が女王から坊ちゃんへの番犬としての適正テストであったように、女王は「ヴィンセント」と未来の番犬である「シエル」そして「坊ちゃん」に対する適性テストを行ったものである可能性があります。
そして結論から言えば坊ちゃんのみがこのゲームに勝ちました。

 
女王は才能があれば子供でも差別はしません。サリヴァンを重宝していることからそれがわかります。
また彼女は「今後世界に影響を及ぼす人がどうやら事前にわかってしまうようだ」と、連続殺人事件編で言われています。
もし「ファントムハイヴ家襲撃事件」が「真シエル」を駒として使った、「女王」から「ヴィンセント、そして双子自身」に対する「適性テスト」だったとしたら。
彼女は伯爵家を継げない立場である坊ちゃんの番犬としての才能に気づいたのかもしれません。
 

餅月