黒執事考察ブログ

黒執事は「腐女子向けの作品」ではない・・!それはあまりにも勿体ない!枢先生の「嘘という名の伏線」に騙されないように頑張ってる人が管理人。葬儀屋(アンダーテイカー)についての考察を載せたいがためにはじめたネタバレ有りの考察ブログです

「蒼き星」というワードから見える「豪華客船編」と「密室殺人事件編」の共通点

 

こんにちは、餅月です。

今回は青の教団編におけるキーワード「蒼き星」について考察していきます。

 

「蒼き星」は「豪華客船編」「密室殺人事件編」でも存在している

このシリウス様=真シエルを指すであろう「蒼き星」という言葉。

一見今回初めて出てきたワードのように見えますが、実は「豪華客船編」と「密室殺人編」でも少し言葉を変えて出てきておりますのでまとめていきたいと思います。

 

豪華客船編における「蒼き星」の暗喩

豪華客船編で登場するカンパニア号。

こちらのモデルは言わずもがな沈没した豪華客船タイタニック号です。そして実際のタイタニック号の会社の名前は「ホワイトスターライン社」。

そして黒執事に登場するカンパニア号の会社名が「ブルースターライン社(蒼き星)」なのです。そしてこのブルースターライン社という名前ですが、実は豪華客船編以前にもすでに本誌で名前が登場しています。

 

密室殺人事件編で蛇にかまれて亡くなったフェルペス

実は密室殺人事件編でスネークの蛇によって手にかけられたちょっと影の薄い弱気な御曹司フェルペス。実は何を隠そう彼こそが「ブルースターライン社」の御曹司なのです。★2

 

またこのフェルペスですがちょっと興味深いシーンがあります。

彼はラウを紹介された際、「崑崙」というワードに強く反応しています。★貿易会社のラウと貿易船もあつかうブルースターライン社、そして蒼き星・・どこまで関係があるのでしょうか。

 

果たしてブルースターライン社はどこまでスフィアミュージックホール(葬儀屋の死者蘇生)と関わっていたのでしょうか?

豪華客船の惨劇も、どこまで知っていたのでしょうか?

ファントムハイヴ邸で死んだ御曹司。そしてそのファントムハイヴ伯爵を着々と追いつめている「蒼き星」・・・。

 

ここにはもしかしたら想像以上におおきな関わりがあるのかもしれません。

 

詳しく、後日追記を記載します。しました。

www.under-taker.com

 

 

餅月